こんにちは!三重県四日市の株式会社豊建工です。
弊社では三重や愛知、岐阜などで、管工事や道路工事をはじめ、さまざまな土木工事を行っております。

このコラムコーナーでは、弊社が長年の業務の中で培ってきた土木に関する知識や技術などに関連した情報や豆知識を発信しております。

さて、今回は「道路工事はきついの?」という疑問にお答えいたします。

いわゆる“3K”の固定観念


「3K(キツイ・汚い・苦しい)」
いまだに、いわゆる“3K”の仕事であると見なされている仕事があります。
道路工事もそのひとつではないかと思うのですが、それは全く誤った認識だと声を大にしていいたいと思います。

確かに過去にはそういう一面があったことも否めませんが、現在の状況は全く違っています。

むしろ他の職種よりも仕事とプライベートを充実させるために、しっかりとした労務管理を行っている会社が多いかもしれません。

“3K”の固定観念に縛られているのは、道路工事の仕事に携わっていない人々のほうであって、道路工事の業界ではすでにそういったものから解放されていると考えてまず間違いありません。

“きつい”なら男女が活躍できるハズがない!


道路工事の業界が、すでに“3K”の固定観念から解放されているということは先ほど述べました。

その証拠に、この業界では男性だけでなく、女性も活躍しているのです。
男女の体力の差があるのは周知の事実です。
男女の枠を超えて、あるいは男女の良さを活かして仕事ができる環境があるからこど、道路工事の仕事に女性が参入することが可能となっているのです。

極端な“イケイケドンドン”は解消され……

現代における道路工事の仕事は計画に則って実施されているため、過度なノルマが課せられることもなく、健全な状態での施工が行われています。

道路工事をするには様々な調整が必要であるため、おいそれとは計画を変更することができません。

そう考えると、無理な仕事を強要されることのない仕事だということがお分かりいただけると思います。

ここまで、道路工事がきついだけって誰が言った?についてご紹介しました。
道路工事の仕事の本当のところが伝われば幸いです。

豊建工で土木の仕事に挑戦してみませんか?


弊社ではただ今人員不足に伴い、求人募集を実施中でございます。

経験者は年齢不問!
50代・60代の方でも無理なく安心して働いていただけます。

未経験者も大歓迎です!
好奇心ややる気を持って、真面目に取り組んでいただける方なら責任を持ってベテランになるまでご指導いたします。
資格支援制度もあり、知識やスキルは入社後にしっかり身につきます。
どうぞお気軽にご応募ください。

アットホームな温かみが自慢の弊社で、共に事業盛り上げていきましょう!

「道路工事や管工事に挑戦してみたい!」
「土木関係の技術を身に付けたい!」
という方は、ぜひ求人情報ページをご覧ください。

皆様のご応募をお待ちしております。


株式会社豊建工
〒512-0932 三重県四日市市小生町34番地1
電話:059-325-6951 FAX:059-325-6952